チェルノーズ 鼻整形 バレる pickup

鼻整形はバレる?バレない?バレた人の特徴とナチュラルな仕上がりになる方法

鼻は顔の中心部。顔全体の雰囲気を左右する大事なパーツです。 そんな鼻の整形は、やはり他のパーツと比べるとバレやすいと言えるのかもしれません。 しかし、鼻整形のナチュラルな仕上がりにする方法があるとすれば、安心して施術に挑 […]

鼻は顔の中心部。顔全体の雰囲気を左右する大事なパーツです。
そんな鼻の整形は、やはり他のパーツと比べるとバレやすいと言えるのかもしれません。

しかし、鼻整形のナチュラルな仕上がりにする方法があるとすれば、安心して施術に挑むことができますね。そこで、鼻整形後バレないためのポイントをまとめてみました。

鼻整形で顔はどれぐらい変わるのか

チェルノーズ 鼻整形 バレる

この記事では、鼻整形を考えている人がもっとも心配していることの一つである『鼻整形はバレるのか、バレないのか問題』について解説しています。

鼻整形に興味のある人は参考にしてみてください。

「豚鼻じゃなかったら、もっと恋愛に積極的になれるのに……」
「私の鼻がもっと高かったら、この冴えない人生も今とは違うものになっていたかもしれないのに……」

鼻を少し高くしたり、ちょっと形を変えたりするだけで、前よりも毎日が楽しくなるのなら整形だって悪くないかも。
もしかしたら、整形をすればその後の長い人生をもっともっと幸せに過ごせるかもしれない。

人知れずこんな悩みを抱えて鼻整形を決意する人も多いはずです。

でも、鼻の整形をしたからって、人の顔の印象ってそんなに変わるものでしょうか。

バレバレな整形顔とは

チェルノーズ 鼻整形 バレる

整形したときに怖いことの一つは、バレバレな整形顔になってしまうことです。

自分から告白したわけでもないのに、顔を見られた途端、整形したことが他人にバレてしまったら恐ろしいとは思いませんか。

では、バレバレな整形顔とはどんな顔のことを言うのでしょうか。

たとえば鼻整形の場合だと、

  • 鼻の高さ
  • 鼻の大きさ
  • 鼻のかたち

以上の3つの要素が不自然だと整形をしたことがバレるきっかけになります。

整形で手に入れた新しい顔がアンバランスかどうかは自分だけでは判断できない場合もあるので、クリニックの医師にカウンセリングのときに相談してみるとよいでしょう。

事前にシミュレーションしてくれるクリニックもあります。

鼻整形がバレた人の特徴

鼻は、顔全体のバランスを決定する大切な部分です。

その部分に違和感があると「もしかして、あの人は鼻整形をしているのでは?」という疑いを持たれるきっかけとなります。

具体的には、以下の2つのような特徴を持つ人は鼻整形がバレやすいです。

  • 鼻筋が眉間から始まる
  • 鼻に凹凸がない

なぜなら、東洋人の鼻は鼻筋が眉間から始まるのは珍しいからです。

日本人も東洋人ですから、目のちょっと下あたりから鼻が高くなるのが一般的です。
目と目の間の位置から鼻が始まると、欧米人のように鼻が高すぎて、それが不自然だとみなされる場合があります。

また、凹凸のない鼻も違和感を持たれやすいです。
横から覗いてみたときに鼻に凹凸がまったくないと整形だとバレる危険があります。

実際に鼻整形をしたときに後悔しないために、クリニックの担当医師とよく相談しながら、自分の理想の鼻のかたちについて決めていくのが良いかと思います。

鼻整形をした人は豚鼻ができないの?

チェルノーズ 鼻整形 バレる

ここからは不自然な鼻整形についての疑問や不安などについて答えていきます。

まず、鼻整形をすると、鼻の先を押して豚の鼻みたいな形をつくれなくなるという話がありますが、これは本当のことなのでしょうか?

結論から言えば、それは鼻整形の種類によります

豚鼻ができなくなる鼻整形

たとえば、プロテーゼを鼻に入れている場合、鼻が曲がらないので豚の鼻みたいな形にしにくいし、本人も鼻を押されることを嫌がります。

また、自分の耳の軟骨を鼻に入れた場合も、鼻先が硬くなって豚鼻がつくれなくなるケースが報告されています。

ただし、豚鼻をつくれるかつくれないかと、自然な見かけの鼻に整形できるかどうか、とはまた別の問題です。
押されれば豚鼻はつくれないけれど外から見るだけなら自然な鼻、という鼻は整形でつくることができます。

豚鼻が問題なくできる鼻整形

一方、同じ鼻整形でもヒアルロン酸注入の場合は、シリコン製剤が鼻に入っていないので豚鼻をつくることが可能です。

ヒアルロン酸は、元々体内にある物質です。

そのため、ヒアルロン酸の注入なら鼻をナチュラルに高くすることができます。プロテーゼと違ってシリコンが鼻の中に入っているわけではないので、施術後に鼻に力を加えれば豚の鼻をつくることも可能です。

自分で豚鼻がつくれるような自然な仕上がりが良い人にとって、ヒアルロン酸注入はうってつけの施術方法だと言えるでしょう。


ただし、どの施術方法であっても、術後不安定な時期に無理に鼻の先端に力を入れて豚鼻をつくると鼻の形が崩れてしまう危険があります。

施術後、まだそれほど時間が経過していないときは鼻先に無理な負荷をかけないようにしましょう。
もし、やむを得ず鼻に衝撃を与えてしまった際は、速やかに担当の医師に相談することが大切です。

鼻整形をするとテカるのか?

チェルノーズ 鼻整形 バレる

不自然な鼻といえば鼻のテカリも気になります。
鼻整形をすると、写真を撮られたときに不自然に鼻の部分がテカると言われています。

これは、果たして本当なのでしょうか。

鼻のテカリは、プロテーゼを挿入している人に起こる症状で、写真を撮ったときに自分の鼻だけ異常に光っていたり、特殊な色の光や照明に照らされると鼻筋が浮いてしまったりします。
写真を撮ると鼻がテカるのであれば、不自然で恥ずかしいし、整形がバレるかもしれないので気軽に写真に写れないですよね。

当サイトでも気になったので、鼻整形後に鼻がテカるといった症状が本当にあるのか実際にクリニックに聞いてみました。

しかし、複数のクリニックに問い合わせたところ、どのクリニックも施術後に鼻がテカったという相談を受けたことはないとのことでした。
よって、鼻整形後のテカリという症状はとても稀なケースであると考えられます。
ですが、どうしても不安な人は、クリニックのカウンセリングのときに担当の医師に聞いてみるのが良いでしょう。

鼻整形はレントゲンでバレる?

チェルノーズ 鼻整形 バレる

では、レントゲン撮影で鼻整形していることはバレるものなのでしょうか。

結論から言えば、プロテーゼを入れている場合鼻整形がバレる可能性があります。
シリコンプロテーゼはレントゲンに写ります。

しかし、実際にレントゲン撮影をするときのことを考えてみると分かると思うのですが、鼻だけに焦点を当てて撮ることはほぼありません。

レントゲン撮影で顔を撮った場合、プロテーゼが多少写る可能性はあるかもしれませんが、かなり高性能のレントゲンだったり、鼻だけの撮影をしたりしない限りはバレる心配はないでしょう。

とはいえ、滅多にないことかとは思いますが、知り合いのお医者さんに診てもらう場合があるようでしたら注意した方が良さそうです。

レントゲンやCTで横顔を撮る際に、鼻整形がバレる可能性は僅かではありますがゼロではありません。

鼻整形がバレたくないときは、万が一のときのことを考え、別のクリニックを選ぶのが良いでしょう。

その一方で、ヒアルロン酸注入をしたり自家組織を移植したりした場合は、レントゲン撮影によって鼻整形がバレるようなことはありません

元々、自分の体内に存在するものを鼻に入れた場合、レントゲン撮影をしても異物として写ることはないからです。

もし、できるだけ鼻整形がバレる危険をなくしたいのならば、ヒアルロン酸の注入や自家組織の移植を施術方法に選ぶのがおすすめです。

不自然にならないナチュラルな鼻整形

チェルノーズ 鼻整形 バレる

では、不自然にならない鼻整形をするためには、どうすれば良いのでしょうか。

ナチュラルな仕上がりの鼻整形をするためには、自分の顔に合った鼻をつくるための施術方法を選ぶことが大切です。

また、鼻整形による変化の量も、ある程度抑えた方が良いでしょう。

いきなり鼻のかたちが大きく変われば、これまでとの顔の印象も変わり違和感へと繋がります。
そうなれば、内緒にしていても家族や恋人・友だちや職場の同僚のなかで気付いてしまう人が出てくるでしょう。

そのことを踏まえた上で、医師とよく話し合いながらバランスの取れた鼻整形をしていくのが良いか思います。

ここで、鼻整形のなかでポピュラーとされる2つの施術方法について紹介します。

  • ヒアルロン酸の注入
  • プロテーゼの挿入

以下、それぞれの施術方法がナチュラルな仕上がりになるのかどうかを解説するので参考にしてみてください。

ヒアルロン酸の注入

チェルノーズ 鼻整形 バレる

ヒアルロン酸注入は、鼻を切らないタイプの施術方法です。

ヒアルロン酸注入のメリットは、手軽にできて、しかも自然な形で高い鼻が仕上がるところです。

ヒアルロン酸注入は切らずに鼻を高くできるので、メスを入れることに抵抗がある人にはうってつけです。

鼻を切るのと切らないのとでは、鼻整形に必要な覚悟の重さも違ってくるのではないでしょうか。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうので、その効果は半年~1年ほどとなります。

鼻の高さを維持するためには定期的に注入することが必要です。

他にもダウンタイムが短いなど、ヒアルロン酸の注入はメリットが多い施術方法ですが、注入しすぎると横に広がって不自然なアバター鼻になる恐れもあるので、これについては気をつけましょう。

プロテーゼの挿入

チェルノーズ 鼻整形 バレる

プロテーゼの挿入は、ヒアルロン酸の注入とは違い、切るタイプの鼻整形です。

プロテーゼの施術方法ですが、鼻の穴の中を少し切開し、鼻筋に沿ってプロテーゼと呼ばれるシリコン製剤を入れます。鼻の穴の中を切るため、傷は目立たず、仕上がりもナチュラルです。

また、プロテーゼで高くした鼻は半永久的に高いままであることもメリットの一つです。

ただし、前述したように、指で先端を押して豚の鼻をつくることが難しくなるので、指先で鼻の形を変えられるような自然な鼻整形が好みの人には不向きの施術となります。


以上、ヒアルロン酸の注入やプロテーゼの挿入について紹介しましたが、他にも鼻整形にはさまざまな施術方法があります。

鼻整形において、どの方法が一番優れているというようなことは一概には言えません。

大切なのは、自分が望んでいる鼻の形を手に入れるのに一番適した施術方法を選ぶことです。

クリニックの先生たちは、丁寧なカウンセリングによって鼻の状態や患者本人の希望を正確に把握します。

その上で顔全体のバランスを見て、一番美しくなるように鼻をデザインしてくれます。

それぞれの施術のメリットとデメリットを理解した上でもっともナチュラルな仕上がりが期待できる施術方法を選びましょう

鼻整形だとバレない言い訳

チェルノーズ 鼻整形 バレる

鼻整形だと他人にバレたくない人は、何か上手な言い訳を探すものです。

しかし、鼻整形の場合はバレない言い訳を考えるよりも、バレないための施術をすることの方が重要です。

たとえば、だれかが髪型を変えたり太ったり痩せたりしたときに直ぐに気付く人は、観察力があるか、普段その人のことをよく見ている人だと思います。

このようなセンサーが敏感な人に鼻整形がバレないようにするためには、施術をしたときの変化量を抑える必要があります。

変化の量を上手に抑えた施術なら、一緒に暮らしている家族や付き合っているパートナーも気づかない感じで鼻整形を済ませることができるでしょう。

『鼻整形をやった感』が出ていない施術をすれば、鼻整形でバレないための言い訳を考える必要がなく安心です。

とはいえ、何かのきっかけで鼻整形がバレてしまうこともあります。

そんなときは、変に隠したり言い訳したりするよりも正直に話すという選択肢を選ぶのもアリではないでしょうか。

もちろん、整形をしたことを恥ずかしい、隠したいと思う気持ちも分かります。
しかし、綺麗になるために整形することは決して恥ずかしいことではないのです。
美容整形を受けたことで自分を卑下することはありません。

あなたが美容整形をしたのは、それが自分のためになるからであって、決して周りの人のためではないはずです。
周りの人の無責任な意見に振り回されず、自分がどうなりたいかをしっかり見極めて行動していきましょう。

【まとめ】鼻整形はバレる?バレないための方法

チェルノーズ 鼻整形 バレる

この記事では、鼻整形がバレる人の特徴を解説してきました。

ここまで解説してきたことを簡単にまとめてみると以下のようになります。

  • バレないためには顔全体のバランスが大事
  • 豚の鼻ができるのはヒアルロン酸注入
  • ナチュラルな鼻整形のコツは、医師によく相談して自分に合った施術方法を選ぶこと
  • 美容整形がバレないためには、言い訳を考えるよりも変化量を抑えた施術をするべき

鼻整形をしたことを秘密にしておきたい人は、これらのことを踏まえておくと後悔のない施術に繋がります。

満足いく施術にしてもらうために、担当の医師とのカウンセリングで、どのような悩みがあるのか、どのようなデザインにしたいのか、きちんと自分の希望を伝えて、納得した上で施術をしてもらうことが大切です。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。