チェルノーズ 鼻整形 麻酔 コラム

【鼻整形における麻酔の種類】痛みが少ないのは全身麻酔?局所麻酔?

鼻整形の施術では、痛みが発生しないように麻酔をかけて行います。 しかし、麻酔にも様々な種類や特徴があるので、あらかじめ知っておくことは大切です。 この記事では、鼻整形で用いる麻酔についてお話していきます。 目次 麻酔には […]

鼻整形の施術では、痛みが発生しないように麻酔をかけて行います。

しかし、麻酔にも様々な種類や特徴があるので、あらかじめ知っておくことは大切です。

この記事では、鼻整形で用いる麻酔についてお話していきます。

麻酔にはどんな種類があるのか

チェルノーズ 鼻整形 麻酔

美容整形に限らず、一般的に施術を行う際には麻酔をかけて行います

麻酔をかけることで、痛みを感じなくなり、身体に負担をかけずに施術を受けることができます。

麻酔をかけることで、心身的ストレスを和らげて、安全に施術を行うことが可能になるのです。

安全に施術を行うためにも、麻酔の種類についてはある程度把握しておきましょう。

手術の際に用いられる麻酔の種類には、以下のようなものがあります。

  1. 局所(局部)麻酔
  2. 神経ブロック療法
  3. 静脈麻酔
  4. 笑気麻酔
  5. 全身麻酔

いずれの種類の麻酔でも、施術中に痛みは感じないという点は共通しているのですが、細かい特徴が異なります。下の項目で詳しく見ていきましょう。

①局所(局部)麻酔

局所麻酔とは、小範囲の部分を施術する際に行われる麻酔です。

一般的に、美容整形では局所麻酔を用いるクリニックが多いです。

局所麻酔では、施術部分に麻酔液を注射することによって、感覚を麻痺させ、痛みを感じなくさせることが可能です。

軽い施術の場合は、注射ではなくシールやクリームタイプの麻酔薬を用いる場合もあります。

②神経ブロック療法

伝達麻酔とは、施術部分から脳までの神経の通り道に麻酔をかける方法です。

痛みを感じる神経を麻酔によりブロックするので、施術中に痛みを感じなくなります。

鼻の施術の場合だと、鼻に直接局所麻酔をする方法よりも、頬から神経に麻酔をする方が麻酔の痛みが少ないです。

そのため、クリニックの中には局所麻酔ではなく神経ブロックを用いて鼻の痛みを抑える方法を取り入れているところもあります。

③静脈麻酔

静脈麻酔とは、点滴から麻酔を投与する方法です。

鎮痛作用や睡眠作用のある薬を点滴で投与することによって、痛みを感じずに半眠半覚状態で施術を受けることが可能です。

「局所麻酔だと、痛みは感じないけれど意識があって怖い」という方は、局所麻酔と静脈麻酔を並行して行うこともあります。

ただ、中には静脈麻酔を推奨していないクリニックもあります。

④笑気麻酔

笑気麻酔とは、麻酔効果のあるガスを吸う方法です。

鎮痛作用と睡眠作用のあるガスなので、痛みを感じずに施術を受けることが可能です。

リラックス効果が高いので、お酒に酔っているような感覚で施術を受けることができます。

⑤全身麻酔

全身麻酔は、マスクから麻酔作用のあるガスを吸うことで、痛みと意識をなくす方法です。

深い眠りにつきながら施術を受けることが可能です。

比較的広範囲の手術を行う際には、一般的に全身麻酔が使われます。

全身麻酔中は、眠っている間にもガスの麻酔薬を吸い続けることになるので、施術中に目が覚めるという可能性は0%に近いです。

近年の美容整形では、安全性が高くなり身体への負担が減少したことから、全身麻酔をしても日帰りで退院する人がほとんどです。

クリニックや施術方法によっては、全身麻酔を積極的に取り入れているところもあります。

鼻整形でよく使われる麻酔はどれ?

チェルノーズ 鼻整形 麻酔

また、鼻整形では、施術の種類によって適している麻酔の種類が変わってきます。

鼻整形には「切らない施術」と「切る施術」の2種類の方法があります。

どちらの施術を行うかによって、適している麻酔が若干異なります。

どの種類の麻酔を推奨しているかはクリニックによっても異なりますが、参考程度に見てみてください。

「切らない施術」で良く使われる麻酔

一般的に、メスを使わない「切らない施術」では、局所麻酔(局部麻酔)によって施術が行われます。

切らない施術の例は以下のような施術があります。

  • 「鼻筋」を高くする
    → ヒアルロン酸の注入
  • 「鼻筋」「鼻先」を高くする
    → 溶ける糸の挿入
  • 「小鼻」を小さくする
    → 糸による小鼻縮小

特に、ヒアルロン酸の注入や溶ける糸の注入などの注射による施術は、シールやクリームタイプの簡易的な麻酔を用いるクリニックが多いです。

ヒアルロン酸のような注射ひとつの施術でも、身体にストレスがかからないように、麻酔を施してから行ってくれるので安心です。

「切る施術」でよく使われる麻酔

メスを入れる「切る施術」でも、局所麻酔(局部麻酔)を行うクリニックがほとんどです。

切る施術の例としては、以下のような施術があります。

  • 「鼻筋」を高くする
    → プロテーゼの挿入
  • 「鼻先」を高くする
    → 耳介軟骨移植(じかいなんこついしょく)
  • 「鼻先」を小さくする
    → 鼻尖縮小術(びせんしゅくしょうじゅつ)
  • 「小鼻」を小さくする
    → 小鼻縮小手術

クリニックの中には、全身麻酔を推奨しているところもあります。

局所麻酔・全身麻酔どちらの麻酔が用いられるかは、クリニックによって異なります。

どの麻酔を用いるかは、施術において非常に重要な問題です。

麻酔の種類に関する相談は、カウンセリングの際にしておくと良いでしょう。

どの麻酔を推奨しているかはクリニックによって異なる

上記では、鼻整形の施術ごとに適している麻酔が異なる旨を説明しました。

しかし実際は、クリニックによって施術ごとに推奨している麻酔が異なります

多くのクリニックでは、あらかじめ施術ごとに適した麻酔の種類が決められています。

同じ施術内容でも、局所麻酔を推奨しているクリニックと、全身麻酔を推奨しているクリニックがあるということです。

しかし、必ずしもクリニックが推奨する麻酔が適用になるわけではありません。

麻酔の種類や条件に希望があれば、柔軟に対応してくれるクリニックがほとんどです。

麻酔に希望がある方は、カウンセリングの際に相談してみましょう。

鼻整形における麻酔のQ&A

チェルノーズ 鼻整形 麻酔

こちらの項目には、鼻整形におけるよくある質問をまとめています。

気になる質問があったら見てみてください。

麻酔の効果持続時間は?

麻酔の種類によっても持続時間は異なります。

一般的に、鼻整形の施術時間は長くて1時間程度です。

施術時間が短いものがほとんどなので、麻酔の持続時間については心配する必要がありません。

施術で用いられる麻酔は、施術時間に合わせて持続時間を変えることが可能な種類もありますし、施術中でも麻酔を追加することで持続時間を延ばすことも可能です。

また、術後に麻酔が切れても、鎮痛剤を処方してくれるクリニックが多いです。

術後に麻酔が切れても、痛みを抑える方法はあるので安心してください。

体への影響・副作用はある?

一般的な麻酔の副作用としてはのどの渇き・頭痛などがありますが、麻酔の種類によっても副作用は異なります。麻酔の副作用の詳細に関しては、クリニックに相談してください。

全身麻酔の場合、入院は必要?

全身麻酔をする場合でも、入院する必要はありません

ほとんどのクリニックでは、施術の当日中に退院が可能です。

麻酔が切れる心配は?

ほとんどありません。

上記でも説明しましたが、麻酔の種類によっては、施術時間に合わせて持続時間を変えることが可能なものもありますし、施術中でも麻酔を追加することで持続時間を延ばすことも可能です。

また、一般的に、鼻整形の施術時間は1時間程度で完了するものが多いです。

施術時間もそれほど長くないので、麻酔が切れる心配はありません

【まとめ】鼻整形で用いられる麻酔について

チェルノーズ 鼻整形 麻酔

鼻整形の施術の際に使用される麻酔について解説しました。

鼻整形はほとんどのクリニックで局所麻酔によって行われますが、希望によっては全身麻酔や、他の麻酔と局所麻酔を併用して行ってくれることもあります。

以下、鼻整形で用いられる麻酔をまとめました。

  • 局所(局部)麻酔
  • 神経ブロック療法
  • 静脈麻酔
  • 笑気麻酔
  • 全身麻酔

また、クリニックによって、推奨している麻酔の種類や、麻酔の細かいルールが異なります。

麻酔が不安な方は、一度クリニックにカウンセリングに行って、麻酔の方法について詳しく聞いてみる良いでしょう。

  • 一般的に鼻整形で用いられるのは「局所麻酔(局部麻酔)」
  • ただし希望の条件や麻酔がある場合はクリニックに相談すると柔軟に対応してくれる

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。