チェルノーズ 鼻整形 形 コラム

あなたの鼻の形はどのタイプ?悩み別解消できる鼻整形をご紹介

目次 日本人で多い鼻のタイプとは鼻のタイプごとの鼻整形低い鼻低い鼻筋を改善する施術小鼻が大きい鼻大きい小鼻を改善する施術団子鼻(だんご鼻)団子鼻を改善する施術豚鼻豚鼻を改善する施術長い鼻(鷲鼻・段鼻など)曲がっている鼻鼻 […]

日本人で多い鼻のタイプとは

チェルノーズ 鼻整形 形

日本人の鼻は、低くて丸みを帯びている形が特徴です。

日本人に限らずアジア人に言えることなのですが、アジア人の鼻を西洋人と比較すると、鼻が低く、鼻の穴が大きい傾向があります。

「なぜアジア人の鼻が低いのか」という理由には諸説があるのですが、アメリカの大学の研究によると、鼻の大きさは生まれた地域の気候によって変わるというデータが出ています。

また、別の機関の研究によると、鼻には呼吸によって取り込んだ空気を保湿・保温する役割があることも分かりました。

このことから、気温が低く乾燥している気候の地域ほど、鼻の果たす役割が大きくなり、鼻が大きく高くなるという結論が付けられました。

そして、この結論に基づくと、アジア人の鼻が低い理由の1つに、アジアが高温多湿の気候の国が多い地域であることが言えます。

鼻の果たす役割が少ないので、アジア人は低い鼻でも十分だという理論です。

鼻のタイプごとの鼻整形

日本人に多い鼻の形状別に、向いている鼻整形はあるのでしょうか。

下に、日本人がコンプレックスに感じやすい鼻の形状をまとめました。

  • 低い鼻
  • 小鼻が大きい鼻
  • 団子鼻(だんご鼻)
  • 豚鼻
  • 長い鼻(鷲鼻・段鼻)
  • 曲がった鼻

以下、鼻のタイプ別に鼻整形をご紹介していきます。

低い鼻

チェルノーズ 鼻整形 形

日本人の鼻に多い特徴の1つに、鼻筋が低いことが挙げられます。

低い鼻で悩んでいる方は非常に多いのではないでしょうか。

低い鼻を改善し、鼻筋を高くするには以下のような施術方法がおすすめです。

低い鼻筋を改善する施術

ヒアルロン酸の注入

・鼻筋にヒアルロン酸を注射する
・メスを入れずに施術が可能
・半年~1年程度持続

溶ける糸の挿入

・医療用の溶ける糸を鼻筋に注射で挿入する
・メスを入れずに施術が可能
・1年程度持続

プロテーゼの挿入

・医療用のシリコンを鼻筋に挿入する
・メスを入れて施術
・一度の施術で半永久的な持続性

小鼻が大きい鼻

チェルノーズ 鼻整形 形

小鼻が大きいことで悩んでいる方も多いです。

小鼻や鼻の穴を小さくする施術には、以下のような方法があります。

大きい小鼻を改善する施術

小鼻縮小手術
外側法

・小鼻の外側からメスを入れて縫い合わせる
・広範囲を切除できるので大きな変化が期待できる
・鼻の外側に傷がつくので傷跡が見える
・一度の施術で半永久的な持続性

小鼻縮小手術
(内側法

・小鼻の内側からメスを入れて縫い合わせる
・切除できる範囲が小さいので、外側法ほどの大きな変化は期待できない
・内側を切るので傷跡が見えない
・一度の施術で半永久的な持続性

小鼻縮小手術
(鼻腔内切開)

・小鼻の内側からメスを入れて縫い合わせる
・内側法と似ているが、内側法よりも自然な仕上がりが期待できる
・一度の施術で半永久的な持続性

糸で縫い合わせる方法

・左右の小鼻を糸で縫い合わせる
・メスを入れずに施術が可能
・糸が切れる可能性があり永久的な施術ではない

いずれの方法でも小鼻を小さくすることが可能ですが、メスを入れる「小鼻縮小手術」と糸で縫い合わせる方法では仕上がりの変化の度合いや持続期間が異なります。

自分の小鼻や鼻の穴の大きさ、どの程度小鼻を小さく見せたいのかによって施術方法を検討してみましょう。

団子鼻(だんご鼻)

チェルノーズ 鼻整形 形

「団子鼻」というのは、鼻先が丸くなっている鼻を表します。

団子鼻も、日本人には多い鼻の形の1つです。

団子鼻の原因は、鼻先を形成する軟骨の形が左右に広がっていることや、鼻の先に脂肪が多いことが挙げられます。

この原因を解消する施術をすることで、団子鼻を改善することができます。

団子鼻を改善する施術

鼻尖形成術
(びせんけいせいじゅつ)

・鼻先の脂肪を取り除き、鼻先の軟骨を左右で縫い合わせる
・鼻先の尖った鼻に仕上げる方法

鼻中隔延長法
(びちゅうかくえんちょうほう)

・鼻先の軟骨の中心にある鼻中隔軟骨に自家組織を移植する
・鼻の高さや角度などをある程度自由に決めることが可能

団子鼻の改善は、「鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)」という施術を行うクリニックが一般的です。

鼻尖形成術をするだけでも団子鼻の形は改善しますが、鼻先に高さが足りないと医師が判断した場合は、自家組織(自分の耳の軟骨など)を鼻先に移植する施術を併用することもあります。

団子鼻に関するさらに詳しい情報が知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

団子(だんご)鼻に悩んでいる方へおすすめしたい鼻整形
団子鼻に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。この記事では、団子鼻で悩んでいる方に役立つ情報を紹介します。団子鼻の定義や原因について、鼻整形で団子鼻を解決する場合のおすすめの施術方法をご紹介しています。団子鼻との向き合い方の参考になれば幸いです。

豚鼻

チェルノーズ 鼻整形 形

鼻先が上に向いていて、正面から鼻の穴が見える鼻の形状を豚鼻(またはアップノーズ)と言います。豚鼻は、鼻先を下向きにしたり、鼻先を長くすることで改善が可能です。

豚鼻を改善する施術は以下の方法があります。

豚鼻を改善する施術

耳介軟骨移植
(じかいなんこついしょく)

・耳の軟骨を鼻の先に移植する
・小さな変化で改善が可能である場合に行われる

鼻中隔延長法
(びちゅうかくえんちょうほう)

・鼻先の軟骨の中心にある鼻中隔軟骨に自家組織を移植する
・上記の耳介軟骨移植と比べ、大きな変化が期待できる
・鼻先を下向きに仕上げることで豚鼻の改善が可能

豚鼻の鼻整形は、豚鼻の度合いによって施術方法が異なります

数ミリ鼻先を変化させることで改善が可能であれば、耳介軟骨移植(じかいなんこついしょく)が採用されますが、大きな変化を求めている場合は、鼻中隔延長法(びちゅうかくえんちょうほう)で施術を行います。

豚鼻の鼻整形を検討している方は、クリニックでカウンセリングを行う際に、シミュレーションをしてみるといいでしょう。

長い鼻(鷲鼻・段鼻など)

チェルノーズ 鼻整形 形

鷲鼻(わし鼻)とは鼻先が長く下を向いており、鳥のくちばしのような形の鼻です。

段鼻も鷲鼻に少し似ていますが、鼻筋が途中で出っ張っており段がある鼻のことを表します。

鷲鼻や段鼻は、曲がり具合などの症状によって施術方法が異なります

下に、症状の度合い別に施術方法の例をまとめました。

  • 軽度 … ヒアルロン酸注入
  • 中度 … プロテーゼの挿入
  • 重度 … 鼻筋の骨を削る

鷲鼻や段鼻で悩んでいる方は、こちらの記事に施術方法などの詳しい情報が載っているので、ご覧になってください。

鼻整形で鷲鼻を治すには削るしかない?痛みやリスクについて
鷲鼻とは、鼻先が下を向いており、とりのくちばしのような形をしている鼻のことです。女性らしい鼻立ちに憧れて、鷲鼻を改善したいという方も多いのではないでしょうか。この記事では、鷲鼻の原因や、鼻整形の方法について詳しく解説しています。

曲がっている鼻

チェルノーズ 鼻整形 形

正面から見て曲がっているように見える鼻があります。

鼻が曲がって見える原因は、鼻筋や鼻の内部の軟骨(鼻中隔軟骨)が曲がっていることが理由として挙げられます。

具体的な施術方法に関しては、クリニックによって異なりますが、鼻にメスを入れて軟骨を切ったり、位置を調整したりする施術を行うところが多いです。

ただ、重度の曲がり鼻で、呼吸や嗅覚に影響が出ている場合は、保険適用で施術が受けられる場合があります。

詳しくはクリニックでカウンセリングをする際に相談してみましょう。

鼻整形で悩みを解消し、理想の鼻に近づくために

チェルノーズ 鼻整形 形

鼻整形で理想の鼻を手に入れるために最も重要な過程はカウンセリングであると言っても過言ではありません。

下に、クリニックのカウンセリングで失敗しないためのコツを3つまとめました。

  1. 自分の鼻の悩みをしっかり把握する
  2. 顔のバランスに合った鼻デザインを決める
  3. 失敗しないクリニックを選ぶ

下の項目で詳しく解説していきます。

①自分の鼻の悩みをしっかり把握する

カウンセリングの際には、自分の鼻の悩みを具体的に伝えられるように、悩みを明確にしておきましょう。

例えば、「鼻を高くしたい」と言うだけでは、鼻筋の高さなのか、鼻先の高さなのか、それとも両方とも高くしたいのか伝わりません。

カウンセリングの際にはより具体的に自分の鼻の「どの部分」が「どういう形状」で悩んでいるのか、そして鼻を「どのように改善したい」と思っているのかを明確にしておきましょう。

納得のできる鼻整形をするために、自ら鼻の悩みの分析をしておくことは非常に重要です。

②顔のバランスに合った鼻デザインを決める

鼻整形を考えている方の中には、理想の鼻の高さや形を決めている方もいるかもしれませんが、希望の鼻の形が自分の顔のバランスに合っているかは別問題です。

美容整形では、美しい顔立ちのバランスであると言われる「黄金比」があります。

基本的に鼻整形では、クリニックごとに決められている黄金比やバランスに基づいてデザインが決められます。

必ずしもクリニックが決めたバランスが正解というわけではありませんが、バランスを無視した過度な整形は不自然な顔立ちに仕上がる要因になりかねません。

また、過度な鼻整形は炎症などのトラブルが発生する可能性もあるので気をつけましょう。

カウンセリングの際に、自分の希望を伝えることは非常に大事なことですが、医師やカウンセラーのアドバイスはしっかり聞くようにしましょう。

特に、はじめて鼻整形を考えている方は、医師のアドバイスに基づいたバランスで鼻のデザインを決めると安心です。

③失敗しないクリニックを選ぶ

上記でも説明したとおり、美容整形におけるカウンセリングは非常に重要な項目の1つです。

しっかりとカウンセリングに時間をかける方針のクリニックを選べば間違いありません。

例えば、完全予約制のクリニックでは、ひとりひとりのカウンセリングに時間かけることができます。

完全予約制度を取り入れているクリニックを選ぶと安心です。

また、1ヶ所のクリニックだけではカウンセリングの質が分からないので、数ヶ所カウンセリングに行くことをおすすめします。

無料カウンセリングが可能なクリニックであれば、クリニックを数ヶ所巡っても費用が発生しません。

【まとめ】鼻の悩み別解消方法は?

日本人に多い鼻のタイプ別に、施術方法をまとめました。

以下、日本人に多い鼻のタイプと施術方法をまとめた一覧表です。

鼻のタイプ別施術方法まとめ

低い鼻 ヒアルロン酸注入・溶ける糸の挿入・プロテーゼの挿入
小鼻が大きい鼻 鼻尖形成手術・糸で縫い合わせる方法
団子鼻(だんご鼻) 鼻尖形成術・鼻中隔延長法
豚鼻 耳介軟骨移植・鼻中隔延長法
長い鼻(鷲鼻・段鼻) ヒアルロン酸注入・プロテーゼの挿入・骨を削る
曲がった鼻 軟骨を切ったり骨の位置をずらす

鼻のタイプ別に適した施術方法があるのですが、鼻整形の施術方法は非常に種類が多く複雑です。

鼻整形を考えている方は、クリニックでカウンセリングを受ける前に、ある程度自分で鼻整形の知識を付けておくことをおすすめします。

知識があることで、施術の説明の際にもイメージしやすいですし、カウンセリングもスムーズに進むでしょう。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。