チェルノーズ 鼻整形 韓国 コラム

【韓国の鼻整形事情】日本との違い・料金比較など

最近ではK-POPアイドルや韓国メイク・ファッションなど、日本でも韓国の文化が身近になってきていますよね。 アイプチやアイテープが爆発的に流行したこともあってか、整形に対する敷居も低くなってきています。 そこで今回の記事 […]

最近ではK-POPアイドルや韓国メイク・ファッションなど、日本でも韓国の文化が身近になってきていますよね。

アイプチやアイテープが爆発的に流行したこともあってか、整形に対する敷居も低くなってきています

そこで今回の記事では、日本と韓国の鼻整形事情について徹底的に比較してみることにしました。

韓国の鼻整形に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

美容整形大国「韓国」の整形事情

チェルノーズ 鼻整形 韓国

そもそも、韓国で整形をしている人が多い理由は何でしょうか。

それは、韓国は外見至上主義の人が多い傾向にある国だからです。

学校では外見によってカーストが決まったり、面接を受ける際に、二重であることを条件にされたりするなど、韓国社会では容姿や外見がとても重視されます。

日本では、ヒアルロン酸注入や美肌点滴なども整形として捉えますが、韓国ではそのような手軽に行えるような施術は、整形としてカウントしません

それほど韓国では整形が、国の文化として社会的にも受け入れられる態勢が整っているのです。

この概念は、女性に限られているわけではなく、男性も整形を身だしなみの一部として捉えているようです。

特に、男性は鼻整形を受ける割合がとても高いというデータが出ています。

男性に人気な鼻整形の施術もご紹介している記事もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

鼻整形をする男性が急増中!メンズに人気の施術方法とは?
最近、20代の男性だけでなく30代~50代の中年男性の鼻整形が増えています。整形して容姿を整えると、就職で内定が取りやすいなどメリットが沢山あります。鼻整形に興味があるメンズのため、人気の施術方法も紹介しているので参考にしてみてください。

韓国ではどれぐらいの人が鼻整形をしてる?

整形大国として人気を誇る韓国ですが、果たしてそのうち何割の人が整形を受けているのでしょうか?

2012年に韓国の市場調査会社によって行われた調査では、5人に1人の女性が整形をしているというデータが出ています。

鼻整形をしている人のみの割合は発表されていないため正確にはわかりませんが、整形をしている韓国人男性の8割以上が鼻の整形をしているというデータが発表されています。

女性は自分の悩みに合わせて様々な箇所を整形していますが、男性は「男らしくなりたい」「顔立ちをはっきりさせたい」などの理由から鼻整形を受ける割合が圧倒的に多くなっているようです。

韓国人に人気な鼻のデザインとは

日本では元々の顔の特徴を生かして、トータルバランスを見て鼻整形の施術を施します。

しかし、韓国では人気なアイドルの顔を真似してほしいという要望をする方が多いため、整形をした女性の顔がみんな同じになるという傾向が出ているようです。

韓国で人気な鼻のデザインは、日本で人気なオルチャン顔を参考にするというわけではなく、顔の黄金比を忠実に再現した鼻です。

韓国のアイドルも顔の黄金比を意識した整形が施されるため、似たような顔になってしまうんですね。

※オルチャン顔についても下の項目で少し触れておきます。

オルチャン顔の定義

チェルノーズ 鼻整形 韓国

日本でもオルチャンメイクが流行していますが、実は「オルチャン」というのは韓国の芸能人など特定のある人物名ではありません。

オルチャンとは、容姿が整っている美女や美男の事を指す言葉です。

顔という意味である「オルグル」という言葉と、最高という意味である「チャン」が組み合わさってできた造語になります。

しかし、現在韓国ではこのオルチャンという言葉は風化しつつあるようです。

日本でのオルチャンの定義は、赤ちゃんのように目がクリクリしている「可愛くて愛らしい顔立ちの子」ということになりますが、韓国ではその年によって好まれる顔が変わることもあり、日本にとってのオルチャンと韓国にとってのオルチャンは異なる場合があります

そのため、韓国の整形外科で「オルチャンみたいにして欲しい」と要望をしても、自分が思い描ていたデザインとは違うものになってしまう可能性があるので、希望するオルチャン顔の写真などを持参しておくと良いでしょう。

鼻整形における韓国と日本の違い

韓国と日本の鼻整形の違いは、以下のような点が挙げられます。

  • 鼻整形の専門医が多い
  • 圧倒的な経験数
  • 最先端技術を取り入れている(真皮移植術など)

韓国の美容外科は、部位ごとに専門が細分化されています。

そのため、その分野に注力することができるようにしています。

とは言っても、韓国のクリニックは各分野ごとに展開されているわけではありません。

1つのクリニックに各専門医が集まり、協力して運営をするという形を取っています。

日本では、鼻整形だけでなく、二重手術、豊胸術など複数の分野を得意としている医師が多くみられますが、1つの分野に絞ることで、技術力の会得や向上が短時間で可能になり、安定した技術を提供することができるのです。

さらに、韓国のクリニックの医師は場数を多く踏んでいます。

韓国では整形をする人の割合が多いため、必然と医師の技術力も経験の数に比例して上がります

最先端技術の鼻整形について

韓国では、真皮移植術という最先端の技術を取り入れているクリニックが多くあります。

真皮移植術とは、肌の奥深い部分にある真皮という組織を、鼻筋や鼻先に移植して鼻を高くする方法です。

自分の身体の組織を使うことで、自然な仕上がりでアレルギー反応が起こりにくいというメリットがあります。

日本でこの真皮移植術を取り入れているクリニックはほとんどありませんが、韓国では多くのクリニックでこの方法を受けることができます。

韓国で鼻整形を受けると安いって本当?

チェルノーズ 鼻整形 韓国

韓国で鼻整形をする人が多くいる理由の1つに、値段(料金)が安いという点があります。

しかし、旅費や宿泊代なども含めた総額で考えると、日本よりも高いのではないかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、この項目では日本と韓国の鼻整形にかかる費用について、比較していこうと思います。

日本の鼻整形との料金比較

日本の鼻整形でかかる料金は、クリニックや施術にもよりますが、注射などのプチ整形であれば約5万円程度、メスを使用した手術は約20~40万円ほどかかります。

対して、韓国の鼻整形でかかる料金は、こちらもクリニックや施術によりますが、注射などのプチ整形であれば約1万円から、メスを使用した手術であれば約15万~25万円で施術を受けることができます。

韓国旅行でかかる金額は、航空券やホテル代、食費などを含めても1週間10万円以下に抑えることもできます。

旅行もできると考えれば、トータルで見て日本で受けるよりも安いということがわかります。

韓国クリニックの公式ホームページには、麻酔代やカウンセリング代などの施術以外にかかる料金をあわせた金額を提示しています。

パッと見たときに整形にかかる費用の総額がわかりやすくなっている点が魅力です

韓国で鼻整形がしたいと思ったら

チェルノーズ 鼻整形 韓国

韓国での鼻整形を検討している方のために、韓国で鼻整形をする場合の手順を簡単に4ステップでご紹介していきます。

【STEP1】クリニック選び・施術やスケジュールの相談

韓国で鼻整形をしに行く方法は、

  • カウンセリングと手術の2回に分けて韓国へ行く方法
  • 事前にオンラインで相談と予約をしてから韓国へ行く方法
  • 美容整形ツアーで鼻整形をする方法

以上の3パターンがあります。

順番にご紹介していきます。

①カウンセリングと手術の2回に分ける

こちらの方法は、韓国が好きで、何度も韓国を訪れることに抵抗がない方に向いています。

1度目は、カウンセリング巡りとして何件かクリニックを来院し、自分に合ったクリニックを探します。

そして、2度目では、実際に手術を受けに行くといった流れが多いようです。

この方法なら、手術前にクリニックの様子を実際に見て判断することができます。

②事前に相談と予約を済ませてから施術を受ける

こちらの方法は、なるべく時間短縮をして鼻整形をしたいという方に向いています。

韓国のクリニックはオンライン上で、相談や予約を受けられるところが多いです。

カウンセリングを受ける前に不安な点を伝えることができるため、当日スムーズに行うことができます。

③美容整形ツアーでの鼻整形

こちらの方法は、スケジュールを組むことが苦手な方に向いています。

鼻整形は美容整形ツアーを利用して行うこともできます。

美容整形ツアーは、日本人向けの仲介代理店を通じて利用することが可能です。

ツアー利用者には専属の通訳者がつき、カウンセリングやアフターケアの方法を的確に通訳してくれます。

韓国滞在中スケジュールを管理してくれる代理店もあるのでとても便利です。

【STEP2】飛行機・ホテルの予約

クリニックの詳細や予約が確定したら、飛行機とダウンタイム中に過ごすホテルの予約をしましょう。

飛行機は、LCCなどの格安航空会社などで予約するとチケット代を抑えることができます。

また、整形後はダウンタイムという、安静に過ごすべき期間が設けられているので、医師に指示された期間は韓国で過ごすことをおすすめします。

その期間によって帰国をいつにするか設定すると良いでしょう。

宿泊するホテルは、クリニックから近いホテルを予約することをおすすめします。

施術によっては手術に数時間かかる場合があり、疲労も溜まってしまいます。

そのため、クリニックから徒歩5~10分圏内であれば、ホテルに戻る際や万が一トラブルが起きた際も安心です。

【STEP3】当日・施術後の過ごし方

身体が緊張した状態で麻酔を注射すると、腫れがひどくなるなどの影響が出てしまうので、当日はリラックスした状態で施術に臨みましょう。

施術後はダウンタイムが終わるまでは、ホテルで安静に過ごしましょう

【STEP4】帰国後のアフターケアをしっかり行う

帰国後は、医師に指示されたアフターケア方法や注意事項をきちんと守りましょう。

万が一、帰国後にトラブルが起きた時のために、自分の連絡先をクリニックの通訳者などに渡しておくと、対処法などを教えてくれますので便利かと思います。

信頼できる韓国のクリニックを探すコツ

チェルノーズ 鼻整形 韓国

ここまで韓国の鼻整形事情についてご説明してきましたが、日本の医療より信頼ができないという方も多いかと思います。

そこで、信頼できる韓国のクリニックの条件をいくつかご紹介するので、クリニック選びの際にご活用ください。

  • 整形外科専門医と麻酔科医が常任している
  • 手術映像を患者に公開している
  • 日本語対応している
  • 日本にも展開している

以上の条件を挙げた理由に関しては以下の通りです。

整形外科専門医と麻酔科医が常任している

先ほども説明しましたが、韓国のクリニックでは1つの院内に各分野の専門医師が在籍しているため、麻酔科医が常任しているところが多いです。

鼻整形では手術前の麻酔によって腫れの状態が左右されるので、麻酔科医が常任していることは韓国ならではのメリットと言えるでしょう。

手術映像を患者に公開している

韓国で手術する際に心配される点は、シャドウドクターやゴーストドクターの存在です。

シャドウドクターとは、相談やカウンセリングだけ有名な院長が行い、肝心の手術は新人教育のために若手に行わせるという悪質なシステムです。

こちらを避けるポイントは手術室に監視カメラがあり、その映像を患者に公開しているクリニックを選ぶことです。

監視カメラの設置は義務化されているわけではありませんが、手術映像を患者に公開できないということは、何かやましい理由があるのかもしれません。

日本語対応をしている韓国のクリニック

チェルノーズ 鼻整形 韓国

「韓国で鼻整形をしたいけど、韓国語がわからない」という理由で韓国での鼻整形を諦める方もいると思いますが、韓国のクリニックは韓国外から来院された方を受け入れる体制が整っています

通訳者が常任しているクリニックが多いので、韓国語がわからなくても安心ですね。

日本語対応しているクリニックもいくつかご紹介しておきます。

id美容外科

id美容外科は30名以上の専門医が在籍しており、来院数は60ヵ国以上から70,000人を突破しています。

また、韓国スターも訪れるほど人気のあるクリニックです。

id美容外科には言語通訳サービスがあるので、日本語だけでなくあらゆる言語にも対応することができます。

クリニックの公式HPも言語ごとにページが設けられており、相談や予約についても日本語で対応してくれるので安心です。

さらに、HPには「仮想整形」という機能もあります。

顔写真を登録すると、施術ごとに自分がどのような顔になるかバーチャルで再現することもできるという仕組みになっています。

整形後の自分の顔を想像しやすいので、とても便利な機能です。

ライアン美容外科

ライアン美容外科は東京美容外科の提携院なので、信頼度も高いかと思います。

東京美容外科は、東京を中心として日本全国展開しているクリニックであり、確かな実績と豊富な経験を持つ医師が担当するので、安心して施術を受けることができます。

また、アフターケアが丁寧と評判のあるクリニックです。

日本で展開している韓国のクリニック

チェルノーズ 鼻整形 韓国

実は、韓国で有名なクリニックは、日本にも展開しているところがあります。

もし、トラブルが起きた際でも韓国にわざわざ行く手間を省くことができます。

id美容外科

先ほどご紹介したid美容外科は日本の銀座にも展開しています。

韓国にわざわざ行かなくても、日本で韓国の最先端の技術を使った施術が受けられるなら嬉しいですよね。

日本のスタッフも在籍しているので、安心して相談ができます。

一度カウンセリングで、雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

東京美容外科

先ほどもライアン美容外科と提携しているという説明をしましたが、東京美容外科ではライアン美容外科と提携することで、韓国の最新技術を随時取り入れているため、韓国と同等の最先端の鼻整形を受けることができます

実際、昨年の11月には、東京美容外科銀座院にてライアン美容外科の院長が招待され、意見交換会や技術講習などを通して、技術の向上を図るなど医師同士の交流がされています

気になる方は、東京美容外科に一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

韓国での鼻整形におけるQ&A

チェルノーズ 鼻整形 韓国

施術直後でも飛行機に乗れるのか

基本的には整形後に飛行機に搭乗しても問題はありません

しかし、ダウンタイム中は患部の状態が不安定なため、整形後すぐに帰国するというスケジュールは組まない方が良いでしょう。

施術後は韓国のホテルで安静に過ごして、ダウンタイムが終了したら街を散策して楽しむのもまた良いかと思います。

パスポートの顔と違うと言われる

鼻整形をしただけでは、出国審査の際に止められるということはめったにありません

鼻以外の箇所も整形をし、大幅に顔立ちが変わったとなれば別ですが、多少の変化であれば問われるということはありません。

対策法を挙げるとすれば、鼻整形をする前の顔写真をカラーコピーして持っておくか、鼻整形をしたクリニックで日付の記載がある診断書をもらっておくと良いでしょう。

帰国後トラブルがあったときはどうする?

帰国後のトラブル時に備えて、施術を受けたクリニックの通訳者に連絡先を渡しておくと、対処法を聞くことができるので便利です。

また、日本にも展開しているクリニックを選ぶとさらに安心です。

医師の名前を伝えれば連絡を取って医師同士でカルテのやり取りをしてくれますし、原因がわかり次第日本のクリニックで処置してくれるでしょう。

【まとめ】韓国で鼻整形をする人が急増しているワケ

チェルノーズ 鼻整形 韓国

韓国の鼻整形が人気の理由としては、

  • 値段が安い
  • 韓国旅行のついでに鼻整形ができる
  • 鼻整形専門医の医師が多いため、技術力も高い
  • 日本語対応しているクリニックが多い

以上の4点が挙げられます。

韓国は言語や文化も異なりますし、不安に思う方もたくさんいらっしゃるかとおもいますが、以下のような点に気を付ければ、安全に鼻整形をすることができます。

  • 整形外科医と麻酔科医が常任している
  • 手術の映像を患者に公開している
  • 日本にも展開している
  • 通訳者や言語通訳サービスが整っている
  • 通訳者に連絡先を渡しておく

韓国で旅行も兼ねて鼻整形もできたら一石二鳥ですが、鼻整形して帰国後のことも考えると、日本にもクリニックを展開しているを選ぶ方が安心だと思います。

オンラインで相談してみたり、韓国発で日本にも展開しているクリニックや日本の提携院などにカウンセリングで相談してみるというのも、ぜひ検討してみてくださいね。

人気の記事ランキング

RANKING

人気記事は見つかりませんでした。